移換について

確定拠出年金は原則、60歳まで途中の引出し、脱退はできません。しかし、転職・離職の時も個人ごとの年金資産を持ち運ぶことができます。これを移換といいます。また、引き続き掛金を拠出することもできます。ご自身での手続きが必要ですので詳しくご説明いたします。企業型確定拠出年金に加入していた方が、企業型確定拠出年金を実施している会社に転職した場合は、新しい会社に資産を移換します。それ以外、たとえば個人事業主になったり、企業型確定拠出年金を実施していない会社に転職したり、家事専従者になった場合は個人型確定拠出年金に資産を移換します。

移換手続きの期限について。移換手続きは企業型確定拠出年金の資格喪失日の属する月の翌月から起算して6か月目の末日までに完了する必要があります。資格喪失日は退職日の翌日です。この期間までに移換手続きが完了しない場合は、国民年金基金連合会へ移換され、資産が凍結されます。これを自動移換といいます。

自動移換の期間は運用指図を行うことができず、通算加入者等期間にも算入されません。また将来老齢給付金を受け取る際は一旦iDeCoへ資産を移換する必要があります。自動移換時、自動移換期間中、企業型確定拠出年金またはiDeCoへ資産を移換する際にそれぞれ手数料が差し引かれます。移換手続きをせず、企業型確定拠出年金またはiDeCoに加入された場合は年金資産が自動的に移換されます。6ヶ月の手続き期限までに加入された場合は、企業型確定拠出年金で積み立てた資産がご加入の企業型確定拠出年金またはiDeCoに移換されます。自動移換後に加入された場合は、自動移換された資産がご加入の企業型確定拠出年金またはiDeCoに移換されます。またこの際、移換金に対する運用方法の指定がない場合は運用商品の買付が行われず現金として取り扱われますが、掛金の運用割合または指定運用方法が設定されている場合は、一定期間経過後に運用商品の買い付けが行われます。